2018-04-17

霧が晴れた

こんにちは。たすく横浜センター南教室の鹿島真知子です。
たすく横浜センター南教室には,就学前の幼児〜高校生の児童生徒が通ってくる教室です。
今日は,発達障害のある高校生とのやりとりをご紹介します。

高等特別支援学校に通っているKくんは、
パソコン検定で、かなりの腕を上げている頼もしいイケメン男子。
舞台装置に興味があり、熱く語る姿は輝いています。

そんなKくんも、自分の思いが伝えられず泣くしかなかった幼児期がありました。
2時間も泣き続ける我が子を見ているお母さんは、
自分の身が引き裂かれるほどの気持ちだったと振り返ります。

Kくんは学校へ行けない時期もありましたが、
小6から療育をはじめ、自分を表現する言葉を選んで組み立てることが少しずつ上手になってきました。

高校生になったとき、Kくんはお母さんに「霧が晴れたようだ」と話したそうです。

そうか、言葉を使って表現することは、霧が晴れることなんだ。
ということは、それまではもやの中。なんて不安なんだろう。
2時も泣き続けるってことは、2時ももやの中を彷徨い続けることなんだ。

なんだか、胸が締め付けられる思いがしました。

だから、私たちは言語技術教育を重視します。
なかなか気持ちを言葉にできなくても,その人なりの思いはあります。
それを表現する手段を、その人なりに獲得することが重要だと考えます。

日常的な会話ができるようになってからも、
思いがちゃんと伝えられているかな?という視点でお子さんの言語技術を見直してみると、
お子さんが困っていることが見えてくるかもしれません。

〔たすくHPはこちら http://tasuc.com 〕

〔よこはまセンター南教室はこちら http://tasuc.com/school/c-minami/ 〕




ずっと一緒だよ!
一貫性と継続性のある支援を!
たすくグループは発達障害の専門家集団です。 一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。 たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり, 10年の歴史がある療育専門機関です。 



2018-04-09

可愛いと思う気持ち

こんにちは。TASUCよこはまセンター南教室の鹿島真知子です。

3月下旬から4月上旬はアセスメント週間でした。
アセスメントの日は、ご家族と共にお子さんを理解するための大切な1日です。

まず午前中は、たっぷりかけて勉強・運動・人との関わり方について、
お子さんに合わせた様々なプログラムを行います。

そして午後は、アセスメントで明らかになったことと、
今後の具体的なアプローチについてご家族と共有するための協議を行います。


先日アセスメントを受けられたOさんの協議中のことです。
ご両親がおっしゃった一言が,私の胸を打ちました。

「可愛いと思う気持ちが大きくなりました」
愛情たっぷりで育てて来られたOさんですが、
この言葉の中に、今までの葛藤が表れていたからです。

発達障がいのあるお子さんは、
幼いときに抱っこしても泣き止まず、お母様が途方にくれることが少なくありません。
泣き始めるきっかけもわからず、泣き止むタイミングも図れず、
親としての子育ての不全感を感じてしまうかもしれません。

愛しているのに、子供のためになることは何でもしたいのに、
どう関わっていいかわからない苦しさは、計り知れません。

「可愛いと思う気持ちが大きくなりました」
この言葉に思いが凝縮されているように感じたのです。

O さんは、アセスメントをとおして、お子さんがどんなことに困っていて、
どんなことは理解しやすいのか具体的に見えてきたとおっしゃっていました。
そして,関わり方がわかったと晴れ晴れした表情でお帰りになりました。

ご家族の深い想いに触れることができるアセスメントの1日は、
私たちにとっても貴重な1日です。

〔たすくHPはこちら http://tasuc.com 〕
〔よこはまセンター南教室はこちら http://tasuc.com/school/c-minami/ 〕














2018-03-02

パフォーマンスを上げる「休み方」

こんにちは、TASUC横浜センター南教室の鹿島真知子です。

先週は、入会して2ヶ月のKくんの、初めてのアセスメントでした。
いつもにこにこ、笑顔の可愛い小学一年生。スケジュール帳を自らめくってこれからの予定を確認するところは、さすがでした。

Kくんは、とっても頑張り屋さん。用意された課題に意欲的に取り組みます。
初めての課題、難しい課題もたくさんあり、疲れてきたはずなのにスケジュールどおり取り組みます。

でも、中盤から少し落ち着きがなくなってきました。トイレに行ったり、席から離れそうになったり。
真面目なKくんは、それでも呼ばれたらちゃんと席について取り組もうとします。

実は、Kくんの課題はここにあるのです。自分の疲れに気づかず、頑張りすぎてしまう。その結果、疲れがピークj達した時、急に泣き出したり暴れたりすることがあるのです。

だから、Kくんに合った休憩の仕方を探すのも、アセスメントの目的の一つでした。

今回ヒットしたのは、Yogiboに体を預けてウーパールーパーの水槽を見ることでした。

もちろん、スケジュールの中には15分くらい頑張ったら小休憩が組み込まれているのですが、Kくんの場合、体全体の力を抜くような場面が必要だったのです。

一息ついたら、また復活!パワー全開で最後まで頑張り切ることができました!

お子さんが学校や園から帰ってから、急に泣き出してしまう場合、本人に合った休み方とは?という視点で生活を見直してみてはいかがでしょう。






2018-02-14

合い言葉は「理解が先」

こんにちは。TASUCよこはまセンター南教室の鹿島真知子です。

たすくでは、「理解が先」を合言葉に、
大人に向けた学習会を毎週土曜日に開催しています。

2月のテーマは「不器用さを改善する身体づくり」でした。
ワークショップでは、軍手を重ねて触覚に困難をつくり、
特殊なメガネをかけて、視覚に困難をつくり、
そんな状況で、「早く!」「時間がないよ!」「もっときれいに!」と
急かされたり注意されたりする体験をしていただきました。
その後はたすく学習会恒例のブレストです。

「不器用さのある子どもに接する際に支援者が最も意識しなければいけないことは?」をテーマにブレストすると、実体験から出てくる叫びのような意見が・・・
「本人の思いに共感してほしい」「達成感をもてる設定を」「声がけが多すぎると不安を煽る」「頑張っているのだから褒めて欲しい」などなど、きっと、普段子どもたちが思っているのだろうね〜なんて声も聞こえました。

やろうと思っているのに上手くできないとき
どこに困っているのかな?という視点で見てみることが大切ですね。

「理解が先」
たすくでは、お子さんの困っているところを親御さんと共有して、
予防的対応、建設的な対応、事後的対応を一緒に考えていきます。


















2018-02-06

アイコンタクトを大切に

こんにちは。
たすくよこはまセンター南教室の鹿島真知子です。

平日の午前は、未就学のお子さんたちが通ってきます。

絵本の読み聞かせを聞いたり、
一緒に踊ったり、
椅子に座ってお勉強したり、
ママと一緒に親子体操したり・・・
そんな中で少しずつできることが増えて行くのがとっても嬉しそう。
見ている私たちも、ママたちとアイコンタクトで思わずにっこり!

ちょっと前は、学習中、椅子からずり落ちそうになっていたSくんも、
最近、姿勢の保持が長くなってきました。
そういえば、バランスボールでジャンプする運動も上手になってきたし、
読み聞かせのときにまねっこしている猫のポーズもできるようになってきました。
先日、パパが見学に来てくれた時、猫のポーズを見て、
「ああ、布団の上でやってるポーズはこれだったのか」と納得。

いろんな動きを経験することによって身体の使い方を習得して、
できるようになったことを繰り返していくうちに
座る姿勢が保てる身体になってきたのですね。

次は、どんなポーズを覚えるのかな?
とっても楽しみです。





2018-01-30

不器用さを改善する身体づくり

こんにちは。TASUCよこはまセンター南教室の鹿島真知子です。

今回の教材マスターの集い(保護者学習会)のテーマは
「不器用さを改善する身体づくり」です。

日常生活の中で不器用さゆえ困ることとは?
例えば、食事場面でこぼしてしまう子。
食具の扱いに目が行きがちですが、
座位の保持はできるかな?
お茶碗に手を添えることはできるかな?
口を閉じてもぐもぐできるかな?
口に入った食べ物を細かくするために舌は動くかな?

身体のあらゆる部位に不器用さが現れていることがあります。
原因によって対応が違ってくるので、
なにより、どこに困っているのかを理解することが大切です。

触覚・固有受容覚・前庭覚に不全を感じながら折り紙を折るという体験ワークでは、
「早く」「きれいに」と言われてもうまくできない子どもの気持ちを実感した参加者の皆さん。
「不器用さのある子どもに接する際に支援者が最も意識しなければならないことは?」というテーマでのブレストでは、短い時間にたくさんのアイディアが出てきました。

2月10日も同じ内容で開催します。
興味のある方は、ぜひご参加くださいね!



2018-01-08

初ノルディックウォーキング

1月7日は初ノルディックウォーキングでした。
寒の入りを過ぎていましたが、お日様の恵みで暖かな1日。
センター南からセンター北を回るコースは、富士山が見えるスポットもあります。
立派なカメラを構えている人もいましたよ。
杉山神社で初詣をし、身も心も清々しい気分でした。

毎週日曜日、午前中のノルディックウォーキング。
ご近所さん、お友達、親戚一同、誘い合ってのご参加をお待ちしています。