小さなプレゼント

紫陽花少女は、今日もすてきな贈り物をもって、教室に来てくれました。
バッグから取り出したのは、色とりどりの折り紙。
すべて、細かい模様に、切り紙になっています。

お母さま曰く、一つとして同じものはない、とのこと。

スタッフ一人一人に、「好きな色を取っていいよ」と、プレゼントしてくれました。

私はアクアブルーとすみれ色の2枚をいただき、早速、作業机の前のガラスに貼りました。
外から教室を見上げるひとの目に留まりますように。

部屋の内側からは、裏地の白い面を見ることになりますが、それでも、ほっこり
自然に笑みがこぼれてきます。

療育が終わり、教室を後にする彼女に「ありがとう!」

見送ったあと、閉室の準備をしながら、また窓際に行ってみると
窓越しに見える歩道橋の階段に、彼女とお母さまが立って、こちらを見ていました。
声は届かないけれど、ジェスチュアで、切り紙が見えることを伝えてくれています。

お互いに、なんとなく通じた気持ちを共有して、彼女たちは歩道橋を向こう側に
わたっていきました。

こんなやりとりに、日々感動しているセンター南教室です。

(河村 恵美)


ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします

たすく横浜教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく横浜教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 201,202号室

このブログの人気の投稿

言えない辛さを、伝える喜びに変える方法

感覚過敏に困っているMくんの挑戦

みんなでチャレンジ!たすく全力合宿⭐︎