2012-07-13

感動っ!

昨日は、今年度から教室に通ってくれているお子さんの療育があったのですが、「感動!」の一言につきました!!
とにかく感動!
お子さんの成長に感動!
お母さんの日々の積み重ねに感動!
感動しすぎて興奮が収まらず、療育後に他のスタッフに語ってしまいました・・・。

それは、療育の始めにおこなう、関係性の課題のことでした。
いろんな色と形のブロックを棒に入れて、先生と同じ人形を作ります。
この課題では、今までブロックを注視することが難しかったのですが、
ブロックの色、さらに向きまで正確に捉えて入れることができました。
それだけでなく、顔を上げて私の顔を3秒見続けることができたのです!
「ぼんやり見えていた世界から、私の顔を見つけてしっかり見てくれた!!」
自ら対象を見て捉える力が確実に伸びていることを確信しました。

お母さんが毎日記入してくださっている宿題ノートには、いつもびっしり日々の療育が記録されています。
「お背中ピン」と「左手」を合い言葉に、姿勢を一定に保ち視野を広げることをコツコツコツコツ取り組んできました。
お母さんが「左手」と言うと、左手を教材にしっかり添えて姿勢を正して課題に取り組めます。

その積み重ねが、対象を見て捉える力につながったのですね!
「信じて継続すること」、それが今できることなのだと教えてくれました。



センター南教室 濱野好

2 件のコメント:

  1. こんばんは。

    人の顔を覚える、さらに名前と顔を一致させる事はとても難しいようですが・・今回はシッカリ見つめて(?)ましたね。
    濱野先生のこと覚えたかな~?次回、乞うご期待!(笑)
    今後もご指導よろしくお願いします!

    返信削除
    返信
    1. たすく渡邊2012年7月15日 7:09

      いつもありがとうございます。
      学習の体勢を整えることができると、ものをしっかりと注視できるようになります。
      こからもよろしくお願いします!

      削除