2012-08-02

日々の積み重ね



昨日はJくんの療育がありました。
療育では、はさみと硬貨の弁別の2課題を、スモールステップでこつこつ進めています。
お母さんと一緒に次のステップに進むための作戦を立てるため、Jくんには1課題を長めにつき合ってもらいました。
・・・が、なんだかとても教えやすい!
どうしてか考えてみると、Jくんはタスクオーガナイゼーションが整っているのでした。
勉強をするときは自然に左手を添えて勉強相手の指示を待ちます。
お母さんが毎日書いてくださっている宿題ノートを見ると、日々の勉強時間は40分!
40分間も机に向かうことができるコツをお母さんに尋ねてみると、「3歳から療育を始めて、机に座ることは慣れているから」と、さらっと答えてくださいました。
学ぶ前に、学ぶ姿勢を整えることが大切なのですね!


そして、その翌日はJくんと学びの基地で一緒に運動。
運動でも日々の積み重ねの成果が見られました。
1つ活動が終わると自らスケジュールを確認しに行くことが、しっかり身に付いていました。
お母さんと机上でこつこつ練習してきたことが、机上でなくても、お母さんではなく先生の指示でもできる!
とても頼もしいJくんでした。

濱野好





0 件のコメント:

コメントを投稿