2014-02-08

トークン・エコノミー法を活用した変化

トークンブックを作り始めて,2ヶ月くらい経ちました。

トークンを導入しはじめ,ご褒美を楽しみに,課題に取り組むようになりました。

はじめは,いつものご褒美が欲しくて,
集めたシール1シートをお菓子に費やす日々。


先週末のことです。

「上永谷車両基地に行きたい!」と休みの日の予定を相談するTくん。

その時,トークンブックには,5シート必要なのですが,
2シートしかご褒美が溜まっていません。
トークンブックを見て,
「上永谷基地に行きたいけど,集まってないから仕方ないね」と納得。

これまで,週末に車両基地へ行き,写真を撮ることが多かったのに,
トークンブックを見て,納得できたTくんに家族一同感動!!

これまでなら,そこで感情が溢れてしまうことが多かったと思います。
しかし,トークンブックや溜まることの意味が分かってきたので納得できました。

上永谷車両基地は,溜まるまで,持ち越しになったので,
次の予定を立てることの楽しみが,更にワクワクが上乗せされそうです。

電車が大好きで,いつも,教室に来ると,今日乗ってきた電車や,
新たな電車情報やイベント情報を教えてくれるTくん。
これからも,たくさんの選択肢を用意していこうね!



















たすくよこはまセンター南教室 鶴野寿美子

0 件のコメント:

コメントを投稿