2015-07-10

やり忘れがなくなる!!

ご家庭でなかなか、スケジュールが定着しないAくん。
トークンシステムが理解ができ、自ら目標のために頑張っています。
そこで、お母様が ”家の中でスケジュールを持ち歩き、確認する” という目標を定め、
できたらポイントがもらえることにしました。

Aくんも納得し行うことになりましたが、なかなか自ら持ち歩き確認をすることが
できません。持ち歩くことができても、移動した部屋でどこに置いたが忘れてしまい、
たすくスケジュールが見当たらなくなることもありました。

だんだんと、持ち歩く内に「お母さん、スケジュールを持っている」と
自身満々にお母様に伝える姿が見られるようになりました。

先日、Aくんからお母様に「スケジュールを持っていると、やり忘れがなくなる!!」と
伝えてきたそうです。
そこ!!そこ!!何でスケジュールが必要か、Aくん自身が感じることができた〜!!

Aくんとお母様と、その調子で頑張ろうと三人が共有することができました。
また、部屋の中に、たすくスケジュールを入れるケースを決め、そこに入れるようにする。たすくの療育でも、筆箱とたすくスケジュールを決まったケースに入れておくことを取り組んでいます。お家でも頑張ってやろうねAくん!!


<ずっと一緒だよ!> たすく よこはまセンター南教室  柳原愛

0 件のコメント:

コメントを投稿