パフォーマンスを上げる「休み方」

こんにちは、TASUC横浜センター南教室の鹿島真知子です。

先週は、入会して2ヶ月のKくんの、初めてのアセスメントでした。
いつもにこにこ、笑顔の可愛い小学一年生。スケジュール帳を自らめくってこれからの予定を確認するところは、さすがでした。

Kくんは、とっても頑張り屋さん。用意された課題に意欲的に取り組みます。
初めての課題、難しい課題もたくさんあり、疲れてきたはずなのにスケジュールどおり取り組みます。

でも、中盤から少し落ち着きがなくなってきました。トイレに行ったり、席から離れそうになったり。
真面目なKくんは、それでも呼ばれたらちゃんと席について取り組もうとします。

実は、Kくんの課題はここにあるのです。自分の疲れに気づかず、頑張りすぎてしまう。その結果、疲れがピークj達した時、急に泣き出したり暴れたりすることがあるのです。

だから、Kくんに合った休憩の仕方を探すのも、アセスメントの目的の一つでした。

今回ヒットしたのは、Yogiboに体を預けてウーパールーパーの水槽を見ることでした。

もちろん、スケジュールの中には15分くらい頑張ったら小休憩が組み込まれているのですが、Kくんの場合、体全体の力を抜くような場面が必要だったのです。

一息ついたら、また復活!パワー全開で最後まで頑張り切ることができました!

お子さんが学校や園から帰ってから、急に泣き出してしまう場合、本人に合った休み方とは?という視点で生活を見直してみてはいかがでしょう。







ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします

たすく横浜教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく横浜教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 201,202号室

このブログの人気の投稿

言えない辛さを、伝える喜びに変える方法

感覚過敏に困っているMくんの挑戦

みんなでチャレンジ!たすく全力合宿⭐︎