2018-10-10

お父さん会☆

こんにちは。たすく横浜センター南教室の永井恵美です。
10月に入り、比較的涼しい日が続いていますが、台風の影響もあり気温差が激しい毎日ですね。
ご飯をしっかり食べて、睡眠をしっかりとる。
生活の基本ですが、改めてその大切さに気づかされます。
眠くては何事にも活力が湧きませんし、ご飯を食べないとエネルギーが湧きません。

さて、今回は「ご家族と協働する」ということについて、少し紹介したいと思います。
たすくは、その名のとおり、
We are TASUC
<発達障がいのある子どもたち(チャレンジド)と家族のために
一貫性と継続性のある支援体制の構築に向けた課題への取組に寄り添う連合組織>
です。
そう、私たちはずっと一緒だよ!と寄り添う人物=専門家
であります。
そして、当たり前ですが、必ず「ご家族」がいます。

TASUCの療育本であるTASUC METHODの1ページ目には
ご家族と協働する と書かれています。
私たちは、専門家として寄り添い、寄り添うだけでなくご家族と協働することを療育のメインテーマにしています。

横浜センター南教室では、先日「お父さん会」を開催しました。
普段の療育は平日が多いこともあり、教室にはお母さん達がメインで通ってきますが、日曜日の家族会活動はお父さんの出番です。
そこで、1年を通して他に企画できるものはあるか?どんなことをしたいか?
お父さん方に集まってもらい、話し合いをしました。
また、今回はIさんから「魚釣り」の提案があり、当日参加する上での
釣りについての知識や釣り方、当日に準備するものなど細かく教えていただきました。
残念ながら台風の影響もあり、釣りは延期になってしまいましたが、
当日にLINEのグループを作ったことで、お父さん方のLINEは盛り上がっていました!
さすが、お父さん方ですね。
お酒を共にした絆は強いなぁと感じました(笑)。

ご家族と協働する!
この言葉は、私たち専門家と言われる者だけでなく、ご家族同士が協働することで
さらなる強い絆が生まれて行くものだと思います。

家族が主体になる会はとても気持ちが良いものがあります。
私たちTASUCのスタッフは、「ずっと一緒だよ!」と寄り添います。

次回のお父さん会の報告もお楽しみに☆


問い合わせはこちら
たすくグループ
0467-23-2156


0 件のコメント:

コメントを投稿