関心を持って、行動に移す!

こんにちは!たすくの佐藤歌恋です。

外に出ると「おっ!」と思ってしまうほど、気候はすっかり春。

お子さんたちも、新学期が始まりますね。ドキドキ、ワクワクですね。


4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」、そして、4月2日〜4月8日は「発達障害啓発週間」です。

それに因んで、たすくでは、毎年「ブルー・ノルディック・ウォーキング」を行っています。

イメージカラーの青色のアイテムを身につけて、街中をウォーキングします。

私も、たすくに入社して初めての活動が、この「ブルー・ノルディック・ウォーキング」でした。

4年前、懐かしい…。


横浜教室では、4月4日(日)に「ブルー・ノルディック・ウォーキング」を開催しました。

事前に、「青いアイテムを身につけてきてくださいね!」という呼びかけに、

皆さん、これまた「おっ!」と思ってしまう程の青。

「青い集団」になりました。


いつも通り、準備体操の後、気合いをいれる「エイエイオー!」の掛け声とともに、いざ出発!

今回は「センター南駅→センター北駅→都筑中央公園→センター南駅」のコースを歩きました。

「青いね!」「あのポールなんだろう?」という街の人の声の中を、

挨拶を交わしながら歩き、とても気持ちのいい活動になりました。


道中、ありがたいことがありました。

休憩ポイント目前にして隊列が少し離れてしまった際に、

先頭集団を目撃していた地域の方が、道案内をしてくださったのです。

「あちらに行かれましたよ」「ありがとうございます」

とても自然なやりとりでありながら、なかなか求められないやりとりでもあります。

そして、とても心が温かくなるやりとりでした。

もしかしたら、平和をもたらすのが、こんなやりとりなのかもしれない!

なんて大きな夢を持ってしまいました。


「関心を持って、行動に移す」

これは、簡単なようで、なかなか実現できないこと。

これからも、こんな「働き掛け合い」を増やすために、

地域に出るぞ!

地域と繋がるぞ!

エイエイオー!!




ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,13年の歴史がある療育専門機関です。


私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。





ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします

たすく横浜教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく横浜教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 201,202号室

このブログの人気の投稿

たすくの「療育」

金子農園様とのライセンス検定の取り組みが取り上げられました!

みんなでチャレンジ!たすく全力合宿⭐︎